最高の【Simple】 is 【best】とは?

2014年2月、「グランスイート麻布台ヒルトップタワー」マンションが港区麻布台・狸穴に竣工予定。

東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」から徒歩7分。
都営大江戸線「麻布十番駅」徒歩8分。
東京メトロ日比谷線「神谷町駅」徒歩8分。
どうですか・・? 交通の便は最高でしょう。
これなら、どこにでも行けちゃう感じです。

港区麻布台で、しかもこんなに便利な立地だから高価な買い物になりますが・・。
販売予定戸数が18戸、間取りは、1LDK ~ 3LDKで、販売価格は、5060万円~15620万円です。
地下1階・地上28階のタワーマンションです。

施工業者は大林組、売り主はMARUBENIと信頼の置ける物件であることはまちがいありません。

コチラです→http://www.gs-azabudai166.com/index2.html

ほんとうの意味での【Simple】 is 【best】を表現した造りは「素」に焦点化し、素材にこだわり抜いたマンションです。

「良質な環境」と「良質な暮らしスタイル」は、麻布という土地柄にピッタリとマッチしています。

玄関、廊下、リビング・ダイニング、キッチン、トイレの床は天然石を採用。
浴槽へのこだわりは、ヘッドレストを備えたジャクソン社製。
キッチンは、電子レンジ機能も付いている高機能コンベックをビルトイン。

一度、現地を見に行かれてはいかがでしょうか?

あなたはワイングラスの種類をご存じですか?

グラスは、飲み物を入れるガラス食器。
グラスの原形は、家畜の角で、古代の西洋ではウシなどの角でお酒などを飲んでいましたが、角では底がとがっており不安定でテーブルに置けないことから、安定させるための脚や底を平らにするなどの工夫がされるようになりました。

機能的な問題の改善とともに、酒類の数も増えてきたことから、お酒の種類に似合うグラスがつくられるようになってきました。

時代が進みグラスそのものがお洒落になってきて、素材や模様、ガラス製品の製造法は多様に発展し、現在では、工芸品や芸術品としての価値まで付加される時代になってきています。

お酒を楽しむためのグラスには、ウイスキーグラス、シャンパングラス、ブランデーグラス、ワイングラス、リキュールグラスなどがあります。

ストレートグラスは、ウイスキーやリキュールをストレートで飲むためのもので、ショットグラスともいわれます。

グラスの価格はピンキリで、高価なものなら数万円はしています。
なかでもクリスタルガラスで水割りを飲むときの、グラスと氷がふれあう透明な響きがなんともいえませんよね・・・・。

ブランデーグラスは脚が短く、底が膨らんで広く口径は小さい形が特徴。
これは、ブランデーの香りを逃さないために口径を小さくする一方、手のぬくもりでグラスの底を温めたときに、ブランデーの香りが出やすくなるように整えられたもので、グラスの材質も薄手でデリケート。

ワイングラスもにもいろいろな形があるのですが、詳しいことは、最高級ワイングラス通販「rich glass(リッチグラス)」のホームページをご覧下さい。

自転車事故が増えている中での自転車保険の必要性について

道路交通法でも安全性への心配から、取り締まりが強化されてきているのが自転車。人昔前までは、自転車は交通網の整備で、減少傾向にあったのですが、今や駅前のあちこちに自転車置き場が設置されていて、都市のなかでの自転車は、交通手段としての有効性がかなり高まってきています。

自転車が歩道を走っている途中での事故率が増えていて、小さな接触事故から、救急車を呼ばなければならないほどの人身事故まで、多く発生している現状があります。そういった、今の社会問題に対して、自転車講習といった形の指導強化とともに、今考える必要があるのが、自転車保険への検討です。

今回ご紹介したいのが、「自転車保険は必要なのでしょうか?」というサイトで、今の自転車問題に対して多くの検討事項を掲げています。特に自転車保険への必要性について、突っ込んで検討していて、自動車とともに自転車保険の意義が良く見えてきます。

自動車事故は、かっての交通事故の増加傾向への取り締まり強化や講習会によって、減りつつありますが、今後益々増えてくる自転車事故の解決手段としての保険について、今一度考えてみませんか。自転車を輸送手段と考えると自動車と同じで、自転車保険の必要性がクローズアップされるのです。

「自転車保険は必要なのでしょうか?」のサイトへはこちらです。
http://metasearchat.com/